戦国妖狐 一巻

戦国妖狐(1) (BLADE COMICS): 水上悟志 noAA

・作者様のサイト
 時は戦国、嵐の時代。しかし日本にハリケーンは来ないのです。南無。代わりとばかりにやってきた地震にのた打ち回る外人さん。そう赤毛のアン。
 つながりは無い。むろん、嘘レビューであり嘘感想であるからして、発売されたことだけ世の中に知れ渡れば、それで十分なのです。
 どういうわけか、そういうわけで、「戦国妖狐 一巻」の感想です。昨日買ってきた。
 幼女とガキと言われてるけどあんまガキに見えない少年と、赤毛のアンと、なんかたぶん秀吉っぽい人が出てきたり、坊さんが爆発したりする漫画です。
 幼女には今流行ってる中身ババァ属性+獣耳という危うくこのまま行商人始めちゃうんじゃないかって心配してしまいそうな狐娘です。大丈夫、そんなに耳も尻尾もでかくないし、舞台は日本風味だから! だから!
 山に引きこもってたら、気がついたら人間キモ! 人外萌! ってちょっと未来先取りしすぎてしまった少年を、このままでは食われる(色々な意味で)と何とかまっとうな趣味に戻そうと幼女の妖狐が奮闘したりします。あと、なんかあんまり剣を抜かずにそんな二人を影から追い掛け回す農民での武者修行(無職)のオッサン。そんな二組が出会ってさぁ大変。特に何もおきませんでした。
 レベルEのゴールデンハンマーが一人で使えてしまう未来先取り変態少年は、一人大活躍。四足歩行戦車すらも倒してしまうのです。変態の癖にやるな。そんな四速歩行戦車から赤毛のアンが出てきて幼女に目をつけられてしまったり、よく考えたら元人間だけど人外化しかかってたわけだし、変態が少しまっとうに近づける布石になるかもしれませぬと、幼女は赤毛のアンも一向に加えちゃったりして、とにかく変態の魔の手から逃れようと日々必死に生き抜くのです。
  あとロボは存在した。マジデ。
 そんな戦国妖狐 一巻発売しております。
 以下、ちゃんとした感想。

 坊さん、物分りよさそうな物腰の癖に爆発した。
 しまったまたバカレビューだと思われる、いやまじで。結構マジな話、爆発した。あと、ロボのパンチは1メガトン。まじで。
 何が起こったかわからねぇが、俺もよくわからねぇ。さみだれじゃ出来ない、ぐちゃっ☆感をふんだんに盛り込んだ今回の水上先生の作品は、「散人左道」の流れを汲む妖怪ファンタジーです。精霊目とかいるし。結構リンクするらしい先生の作品じゃ、別に珍しくも無いわけですがががが。すくなくても購入目安にはなるんじゃないでしょーか。
 主人公がどうも判別つきづらいのですが、多分人外萌の少年かなぁいややっぱへたれ侍か。どっちだ。どっちでもいいか。みょーに天然っぽい赤毛のねーちゃんは、とりあえず巻の最後のあたりでまだ一緒に行けるよフラグ立ててたので、安心ですがむしろ侍は死亡しそうな予感が。大丈夫か、大丈夫なのか。
 コミックブレードも大丈夫なのか?! 廃刊的に。
 とにかく迫力のある破壊シーン(アレを戦闘と呼ぶべきではないきがする)が目白押しで、さみだれで培ってきた技術が炸裂中であります。逆にキャラクタは簡単なさわりだけで済ませてますので、1巻は肩の力をぬいて迫力の破壊シーンと幼女の身もだえシーンをみて満足すればいいんじゃない?
 あと、坊主はカメハメ波が打てる。たぶん、うちの死んだ爺さんも打てたはず。
 キャラの名前や設定の取り違えないかって2chのスレ覗きにいったら、案の定雑誌派のネタバレ攻撃を受けて撃沈した。俺が悪いんだけど……。うぼぉぉぉぁ。でもコミック発売したばっかだから、コミックの話してるとおもったんや……。
 登場人物数は少なく、閑散とした雰囲気もあり、山よ樹よ物の怪よといったかんじでじっとりとした雰囲気もあり、マジカルマリー的でもあり、ふと思い返せばなんでもありだなと感じた今日この頃。
 ちょっと散人左道でも読み直そうかな、なんて思ったり。
 

惑星のさみだれ (5)

惑星のさみだれ 5 : 水上 悟志 noAA

惑星のさみだれ(1)のレビュー
惑星のさみだれ(2)のレビュー
惑星のだみだれ(3)のレビュー
惑星のだみだれ(4)のレビュー

・作者様のサイト

雑誌掲載時期も、単行本発売時期も無視されたら、そうレビュー時期をあわせれば良いんだ!
というわけで、3ヶ月近くの間を空けていきなりレビュー。あれ? 3ヶ月前だっけ? うわ結構最近じゃないですか。なんか一年ぐらい経った様な気がしていた。
 夏だというのに、無職のおっさんの貯蓄を数人がかりで磨り潰し、経済感覚の薄い無職のおっさんはされるがままなのです。そんな鬼達の青春ドラマ、「惑星のさみだれ 5巻」の感想ですよ。
 夏の勢いに思わず告白とか無理やりさせられそうになったレイヤーも、狙った男が極度の中二病と知るいや否や汚いものを見るような扱いに様変わり。中二病ってもてないんだなって、思った。そんなレイヤーさんも、結局自分の恥部をこれでもかと言うタイミングで辱められて、これはもうなんかどっちもどっちなんじゃねーの的なそんな、ありそうでなさそうな三角関係。そして、努力や根性よりもエロパワーこそが世界を突き動かすというあくまで中二(黒、痛さ的ではなく、性欲的)パワーによって、空すら飛ぶことを覚えた大学生の性欲はどっちだ。パンツを追いかけるためなら、空だって飛べる。思わずそんなエロパワーに圧倒された女子高校生は思考停止に陥ってしまうのです。危ない。
 棒と棒をこすり合わせれば火がつくんだぜ! と原始時代的な発見にいい気になった無敵超人に割りと普通にオーロラエクスキューションを見せ付ける幼馴染は鬼。
 そういえば、レイヤーが増えた。レイヤー2(仮)さんは、おなかが減ると眠くなるという、生存競争的にとんでもない弱点を抱えていらっしゃる様子だが、なんかそれなりに強キャラっぽい服をしている。主に臀部。



 今回は戦闘メインというか、分厚かったんだけど内容が濃かったので縦読みできなかったのです。なのでとても時間が。する必要ないきもしますが。しますね。すみません。
 8体目は尻尾が部位破壊可能。今回は多分、モンハンとグレンラガン分がこうドリルキックしてた。2chとかではどーいわれてたんだろう、好きな漫画ほどタイトルスレは絶対に覗かない派なのでわかりませんが。
 そーいや、鳥子と亀子の年齢はいくつなのだろう。スク水着てたけど。
 個人的に大好きな風巻さんが結構出ていたので嬉しい限り。
 というわけでどういうわけで、とにかく、アニマが目を覚ましたらしいのですがまた寝た。なんかこうかくと、あまりにあまりな水上節的でほくそえんだ。しかし自分をプリンセスと設定しちゃうあたり、結構に結構なキャラだよなー。そんなアニマにベタベタなノイをみると、似たような人間と獣がパートナーになるのだと納得するのだけど、三日月とカラスがやっぱりくっつかない。黒いだけか? 色か? 色だなきっと。
 よくわからなかった掌握領域が、実際よくわからないすごいもので落ちをつけられてしまったことは、さすがに驚愕です。まさか其処に帰着するとは。すげー。あと夕日の偏屈さもすげー。強いものといわれて、姫のあのパンチ見た後に平気で半月さんを思い出すあたりが。その精神性はどっからくるんだろう。姫パンチは無理って思ったところでやっぱあんなもんみせられたら普通影響するもんだとおもうんだけど、そこはあれか諦めのいい引きこもり気質か。なるほど。
 そろそろ連載で死人が出てる気がするんですがどーでしょーか? 誰か死んじゃってますか? 三日月とか結構危なそうだけど、平気で亀子鳥子のどっちかが死んでそうでめちゃくちゃびくびくしてます。
 とりあえず姫のほっぺをつんつんすると、つかんでくれるらしいので……
 あとはわかるな?(下半身露出させながら)

宇宙人から見た地球の流行は縞だった サイコスタッフ レビュー

サイコスタッフ 水上 悟志 (著)

・作者様のサイト


 8日遅れでようやく入手したサイコスタッフ。
 惑星のさみだれの作者様の読みきりコミックです。続編も、前の巻もありません。ないったらないのです。
 ラブレターをもらった受験生が、恋愛にかまけていちゃついてたら受験に落ちてしまったという、人生そんなに甘くないビターストーリー。ビターって大人の響きですよね。
 宇宙からやってきたヒロインのパンツは縞パンで。それは間違いなく、宇宙人が地球の平均的下着として研究研鑽した結果に行き着いた下着なのです。そんな下着を主人公に見せたり、胸をもまれたりしながらもけなげにホームレス生活を送りながら主人公を拉致監禁しようともくろむヒロイン。
 しかし、主人公の趣味は年上巨乳だった。大ピンチのヒロインは、悔し紛れに主人公に鼻水ぶっかけを行ったり、ライバルの年上巨乳教師の乳を激しく時にやさしくもみしだくといった狂行に走った。街の平和が、いや個人的な世間の安全が危ない!
 しかし、そんなこんな日々を繰り返していた二人は、気がつけば試験会場の前で二人仲良く おっぱいおっぱい と腕を振り大声で叫ぶような仲に進展。結局選ぶのは、顔とか性格とかそんなんよりも身近な人間なんだよね。的諦め感を漂わせ、二人はおっぱいと声たからかに叫んだ。スイーツ。
 つまり時代は萌えなのである。宇宙人は地球人類への探求を怠らない! そんなこんなで、行き着いたヒロインの答えは塩をまぶした少女萌え。略して塩子。ソルティレイってアニメありましたね。
 結局塩まみれになったまま二人は、地球から飛び出したり帰ってきたり、借りた物を返したり、忘れ物をとりに帰ったりした。
 嘘。危ない!! 信じるな! あと、下着はちゃんと変えてるから安心しろ!

 以下ネタバレ上等。喧嘩はしたくない。十分ネタバレになってる上部の文句も受け付けたくはない所存。



 
 なんかもう、別に嘘レビューなんてどうでもいいだろ。
 まぁレビューにやり方なんかない! なんて誰かがいってた。でもレビューつーのは評論だからやり方は普通にある。でも、まぁセオリーにあえて反逆することこそが正義なのです。

 超能力もの。
 でも、超能力でいじめられている人も、超能力が暴走して過去に傷を負っちゃう人も、超能力に目覚めてない超能力者も、超能力を使うヒロインもでてきません。
 超能力に目覚め、使いこなし、普通に生活している、超能力者。なんていうセオリーの真逆。そんな主人公と、主人公の超能力が出世するのに必要な宇宙人の女の子のお話。
 相変わらず、頭ひとつぶっ飛んだ構成力に感動しつつ、サイコスタッフの感想とかなんとか。
 
 んで、戦争大丈夫なの?
 
 Bクラスに本気を出させる兵器が作れるなら、ルルイエピンチじゃねーの?
 
 実際、おそらの向こうは存在してるが存在していない。
 きっと、光一は最後ほんの少しだけ後悔したにちがいない。だって力があれば一緒に行けるんだから。それすらも、大丈夫だったら光一の精神は多分ぶっ飛んだ方向に狂っていたのだと思う。揺るがない、ぶれない、普通であり続ける狂気が見える。
 あまりにも光一のぶっ飛んだ性格は、多分実際狂ってるように見えないからこそ狂ってる。そんな感じがした。
 あとどうでもいいけど、116Pの光一の箸の持ち方が納得がいかない。あれほど厳しくしっかりした親の元で育って、その箸の持ち方はいかがだろうか!! 絵の問題です。ギャー。
 でも調べてみると、結構同じようなもちかたしてんだよね。絵の問題じゃなくて、もし狙ってかかれてたら気になる。気になるんだ。
 なんて細かいことが気になっちゃうぐらい大好きです。
 短編としての仕上がりは、まじでここまで丸め込んじまうのかという衝撃で幕を閉じます。
 超能力のあり方、努力と天才、家族、縞パン。じゃなかった二人の関係。
 水上先生の描く女性は、さばさばしてていいなぁ。

 相変わらず、このシーンがよかった、この台詞がよかったっつーのは、できるだけ語らない方向で。
 

同作者 惑星のさみだれのレビューは以下に
惑星のさみだれ(1)のレビュー
惑星のさみだれ(2)のレビュー
惑星のだみだれ(3)のレビュー
JUGEMテーマ:漫画/アニメ


惑星のさみだれ 4 レビュー

惑星のさみだれ 4

惑星のさみだれ(1)のレビュー
惑星のさみだれ(2)のレビュー
惑星のだみだれ(3)のレビュー
・作者様のサイト

 神余と神奈って似てねぇ(断定疑問)!? 字面的に(理由という名目の言い訳)? どうもこんばんわ、神奈です。グレンラガンのカミナからとったわけじゃないです、10年近くこの名前です。パクリでもインスパイアでもないんです。どうでもいいんです。
 というわけで、さみだれの4巻が出たのでまた嘘レビュー。嘘です。どっちだ。
 前回のあらすじ:いっぱい人が増えた。動物も増えた。成長はしている。
 真性ロリコンマゾ大学生の主人公が、15歳のうら若き乙女の家庭教師をしながら、キャッキャウフフしたり、大学同期の溜まり場にされてストレスをためたりします。
 無職妻子持ちという、ありえない角度のビンゴを決めたおっさんが日々生え際を気にしながら育毛剤を所望したりしてすごす中、レイヤーのおねいさんと三角関係に陥るようで陥らないような、でもなんかそういう感じになってるわけじゃないんだけど、そうでもないんだよな、的ぐだぐだな関係もいいよね? 見たいな感覚になって、やり場のない性欲のはけ口に私有地に穴を掘ったりしていた主人公。
 しかしその主人公に最大のライバル、真性ロリコンが現れた。年の差なんと約500歳。ロリコン中のロリコンを目の前に、師匠と呼ばせてくださいと懇願する主人公。そんな主人公に師匠は涙ながらに己の人生を語り始めるのだった!
 500歳近くの年の差を跳ね除け、しかも二人も手篭めに! なんて懐の深いお人なんや……俺も神通力にめざめゆ! と、太平洋に繰り出したい気持ちを必死に押し込めるまた穴を掘る作業に戻る主人公のバイト代はどっちだ。
 そんな悩みをよそに、大怪獣メタボリックレコードは世界を守るために日夜ネタバレと戦い続けるのだった。コミック派なんです。
 
 というわけで、コミックまだな人は以下ネタバレ注意。




 正直やりすぎたと思っている。反省はしていない。太郎、花子がどうやっても混ぜられなかったことに反省している。風巻さんのことも反省している。許しは請わない。
 今巻は、前巻で登場した新キャラの掘り下げ。ということで、ほとんどパンツ、じゃなかったさみだれとか出てきません。やーこはロングスカートだしな。個人的には、カメ子を推したい。
 そんなことはどうでもよく、一気にキャラをだしてからキャラを紹介していくという手法は、なるほどコミックでしか買っていない私にはとてもありがたい構成でした。たいてい、キャラ出したら、いくらか話を進めてキャラ掘り下げに移るなんてのが、連載ではよく見かける話なので、正直仲間が集まるまでにダレる。コミックですらだれるのに、連載でみてるひとはどれだけダレるのかって言う話です。
 というわけで、一巻丸ごとつかってキャラの紹介に始終した4巻。バトルものなノリであーだこーだ、俺様の掌握領域を見せてやるぜ! これだけは秘密だったが、しかたがない! 実は! 的に過去や能力をばらすようなべたな展開にならなくて心底よかったと胸をなでおろしました。
 1キャラにつき殆ど1話でまとめきれる構成力あってこそなんですけどね。火渡姉の唐突な出現や、まぁいくらか無理に世界はつながっている的なリンク部分がありましたが、楽しめるレベル。反面教師な漫画のあれとかこれとかはまぁおいといて。短編でひとつかけそうなシナリオを惜しげもなく並べられると、わくわくする頭の隅っこでどこかはらはらしてしまいます。
 そーいや、願い事は結構自由度高い見たいなんだけど、使ってない人はどれだけいるんだろー。使ったと明示されてるのは、ゆーくん やーこ 風巻さん 太郎 花子 かな? 連載よんでないんで、いまどーなってるかしりませんが(ひがみ)。wikiで調べてネタバレ食らうのは3巻で懲りました。掌握領域も実はよくわかんないんですけど、あれって基本みんな同じタイプの念動力なのかしら。半月や太郎は念動力とは違うかな。ゆーくんや三日月、やーことか無職とかはあきらかな念動力だよねぇ。カメ子とトリ子は念動力っぽいけど。そーなると、半月と太郎だけが謎だなぁ。花子はどっちだ。
 キャラの過去や目的なんかが明かされただけで、話的には進んでないってのもあって実はレビューする部分としては結構すくないんじゃないか。いや師匠の話をするべきなのか? でも巻末であんなこといってるし、語るべきではないのですよ。
 メカジキはメカじゃないってことは覚えた。

惑星のだみだれ(3)

惑星のさみだれ 3
惑星のさみだれ(1)のレビュー
惑星のさみだれ(2)のレビュー
・作者様のサイト

 前回のあらすじ。
 真性ロリコンだった大学生の新たな性癖「マゾ」が目覚めた! 手始めに近くにいた15歳に取り入り毎朝家に上がりこむ始末。しかし、神はまだ世界を見放してはいなかった! ロリコンマゾに対し、次々と刺客が現れる。でもなんか、こう頑張ったりした所為で生き延びちゃったので神様もやる気激減。しょうがないから、対抗馬を出してみた。
 そんな感じ。
 今回のあらすじ。
 あわや三角関係と思った矢先、真性のロリコンマゾ大学生にさらに新たな性癖が発動! もう神様てきには、手に負えないっていうかどうしたいのか! そんなこんなでとうとう年上にまで興味をもちはじめ。もうそれは、どっちかっていうとただ単に節操無しっていうんじゃないのか。どうなのか。なんていう突っ込みをよそに、年上に興味をもたれていきなり相手をされなくなったと思い込んだ15歳が好感度アップフラグを立てようと奮闘したり、蛇をつかんでみたり。それと、さみだれの年齢を調べるのにwikiにいってわかっていたのにネタばれをくらい、三千世界を敵に回して恨み言を吐き続けたい気分になった。(自業自得)

 
 というわけで、どうでもいい嘘レビューは終わってこんばんわ。惑星のさみだれ(3)の感想です。コミック買ってない人は、ネタバレ注意。あと、連載読者の人は呆けたことかいてても生暖かい眼で見守ると運勢アップ。俺の。
 読み違いをしていたのです。っていきなり書くと、何のことだかわからないわけですが。2巻で半月が願った願いが、ノコに合うっていう願いだとばかり……。だから、願いが明らかになる部分で一人頭に?マークなわけですよ。5回ぐらい読み直してやっと自分が読み違いしてたんだって気がつきましたよ。思い込みって怖いですね。
 おかげで、盛り上がるはずのタイミングをすごい勢いで踏み外しましたよ。なんだよもー。
 畳み掛けるように現れた騎士どものデザインは、別に畳み掛けるのに無理やりつくったって感じはしなかったので、少しだけ安心。
 それと姫の魔王っぷりに吹いた。学校の備品をちぎるなんて、なんていう魔王っぷり。あの後どうしたのだろうか、縫ったのだろうか。そんなどうでもいいところばかり気になるのです。
 芝居がかった台詞廻しに、たまにうすらさむく感じるときがあるんだけど、とりあえず楽しんで重箱の隅ばかりつついています。半月にかりていたDVDが終わるタイミングとか素敵ですね。
 
 どうでもいいのですが、「惑星のさみだれ」で検索するとかなり上のほうにレビューが引っかかるので、ちょっと漏らした。これは間違いなく作者様がきてるとおもってまちがいねぇ。ちげねぇちげねぇ。と、脳内会議できまったのですが、特にスタンス変えずに行きます。
 あと、今回はパンツよりさみだれの萌え行動が際立っていたきがする。物から精神的なものへと昇華されたわけです。
 だからってどうもしないわけですけど。日々成長している(自称)さみだれの胸が、どこで成長が止まるのか気が気ではありません。早くとまりますよーに、と神様にお願いしておきます。

水上悟志氏が「コミックブレイド」9月号に読み切りで初登場(ゴルゴ31)
 水上先生の作品は、読みきりも面白いと。いや個人的には、読みきりこそ真価を発揮されていると、そうおもったりおもわなかったり。まぁどっちでもいいんですけどね!