スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

今日のニュース

■手を使わずに足をフリフリして靴ヒモを結んじゃうすごい人たちがいた!(にゅーあきばどっとこむ)

 SUGEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE
 リンクさきに、まだいっぱいあります。必見!


[PC]
■液晶ディスプレイのBTO「MyStyle 112」
 完成品で当然だとおもっていた液晶ディスプレイが、なんとBTOで好きにカスタマイズできてしまうのだ! 
 なんていわれても、実はそんなかわるもんじゃねーだろ、とおもってます。
 というわけで、ちょっといじってみた
■「MyStyle 112」
 意外と面白いw HDDビデオの上に液晶を置いてるので、低くできるスタンドとか欲しかったナァとか思い出して、やったら微妙に欲しくなるわけです。これは罠だな!

■ソーテック、光契約でPCが無料になる「タダパソ」の1周年記念モデル
 やすくぅ〜ぱそこんがぁ〜ほしいんだけどぉ〜
 とか言ってる人にどうぞ。しかしディスプレイやソフト、ドライブを入れると値段がかかりますw

■「PCが遅い」とストレス──ユーザーの6割(Blue Twin Tails)
 まぁ、趣味で触ってるひとなんかはいいと思うんです。ええ。でも、仕事で触ってる人は、遅くてストレス溜まる、けど何も対策はしてない。ってのはどうかとおもいます。一応商売道具なんだから、ねぇ? 大工さんはちゃんと毎日自分の道具手入れしてるじゃないですか。
 仕事するにあたって当然のことだとおもうのですが。


[Science]
■ここが違う「バイリンガル脳」日英のグループが解明
尾状核の働きはまだよく分かっていないが、損傷すると、本来は語学が得意でも外国語で考えることが苦手になり、翻訳してから考えるようになる例が報告されているという
 おれ、尾状核けがしたんだよ! そのせいだよ! 英語ができないのは!
 と、良くみたら、バイリンガルのスイッチであって、英語力のスイッチではない。

■土星の衛星・エンケラドスはひっくり返ったことがある?
エンケラドスの南極は周囲よりも温度が高く、火山活動が起きていて、「タイガーストライプ(虎縞)」と呼ばれるひび割れからは新鮮な氷が吹き出していたのだ。
 火山なのに氷がでるのか。活氷山とかいうのではないのですな。


[etc]
■Wikipedia 悪魔の項の「D」(俺暇)
 なんか混ざってる! いや、当然いらっしゃるべきだ。うん、まちがってはいない。

■0階行きのエレベーター
 べつにホラーじゃないのよ。

■犯罪学の実習で高校生、死体を発見
 それ、なんてアンビリーバボー?

■抱き合った(--潜行中--)
 いや、次へじゃないだろ。

■ナイトスクープ・アホ企画特集http://omomani.blog53.fc2.com/blog-entry-866.html(isaだったりnenだったりする人の日記という名のネタ貼り帳)
 酒のつまみになる動画の一つですな。もう一つは、細かすぎて伝わらないモノマネ選手権。

■「まさに外道」厳選30選(もうひとつの夏へ)
 火を放て!

■出版社占い(黒と白の螺旋 The Second Revelations)
 角川でした。
今日の角川書店さんはやや弱気運です。
 角川書店が弱気運なのか、私がそうなのか。

■漫画で見る「制服」は作者のセンスが見れて楽しいよね、というお話。(Shamrock's Cafe)
 モンスターや小道具なんかでも見れて楽しいです。
 とくに知欠先生のデザインセンスは秀逸。どこかで見たことのある服や小動物やモンスターで、読者になじみあるデザインで安心感を与えつつも、全体をみるとまるで統一性の無い選択に作者のセンスがきらりと光ります!


[2ch]
■カップル板にとっ、突撃してみようぜ・・・
■カップル板にとっ、突撃してみようぜ・・・【突撃編】(ネタサイド)
 逆に考えるんだ、たとえば、登場人物を奈良と……ごめん、逆に死にたくなった。

■連載再開して続編を読みたい漫画って何かある?(ゴルゴ31)
 Qコちゃん
 これ一択。あ、BLAM!もかえってきてほしいけど……。

■遠近法(2ろぐ)
 うん、高いな。

雑記とか。

□買う予定
04/28 まじかるストロベリィ 3 まつもと 剛志
06/-- のだめカンタービレ 限定版 15 二ノ宮 知子
06/16 エア・ギア 14 大暮 維人
06/16 金色のガッシュ!! 25 雷句 誠
06/19 天上天下 15 大暮 維人
06/26 されど罪人は竜と躍る 浅井 ラボ
06/29 ちょこッとSister 6 竹内 桜

予定:
 『星の緑の丘で』 小川一水
 『おれはミサイル』 秋山瑞人
 『フリーランチの時代』 小川一水
 『Bottom of the World(全2巻)』 桜坂洋
 『.49ers Point-Forty-Niners(全2巻)』 新城カズマ
 『人狼日記(全3巻)』 古橋秀之
 
□雑記:
 酒を飲みつつ「少林サッカー」を見ながら、チンギス氏と実況チャット。
 やっぱ少林サッカーみたいな観客に突っ込みを任せてるギャグ物というのは、大勢で見たほうがいい。コントのように閉じていれば一人でみても十分楽しめるわけなのだけど。こういう開放的エンタテイメントというのは、全く楽しめない人がいるのも至極当たり前で、つまり突っ込み側の属性が全くない人は楽しめないのだろうと思う。映像なりなんなりをみて、突っ込みを入れて笑うわけで、突っ込みが頭の中でしないいわば根っからのボケかスルータイプの人にはココで躓く。でもそういう人だって、一緒に誰かと見れば誰かが突っ込むから面白いのだなぁと。というわけで、開放型コンテンツは突っ込み役が多くなる多人数が面白いのだとおもう。アクエリオンとか。
 そして、一人で見ても面白くないのに、どこかのサイトで紹介されてるのを見ると面白くみえるのは、サイトで紹介している人が突っ込みがうまいわけだけど、残念ながら自分は頭の中で自分で満足できるだけの突っ込みしかできないので、そういう面白レビューというのができない。コレばっかりは笑いのセンスだから、なんともならないものなのですがねぇ。
 
■"文学少女"と死にたがりの道化(ピエロ)(もうひとつの夏へ)
 読了。久しぶりに買って良かったと思える作品でしたん。
 女の子に間違えられた男の子が、文芸部に入り先輩にいびられ後輩にいいように利用される話し。
 太宰治がモチーフってだけで、ゾクゾクきますが、徹頭徹尾太宰治が主題です。
 どうしても自分の気持ちに素直になれず、やぶれた本の弁償を要求。しかも四六〇円というあまりに中途半端であるながらも、ありそうな値段であり、そして間違いなく五〇〇円でお釣りを要求してくるであろうことを算段にいれ、あえて四六〇円で請求、思惑通り五〇〇円を巻き上げ、したり顔を必死で押さえ仏頂面になりながらも、お釣りは次の日に。
 そして、わざと一〇円で払わず五〇円のお釣りを渡し、お釣りのお釣りを請求して、また話しかける機会を得ようと必死になる、ツンデレが主人公です。
 始めの紹介と大分違う気もしますが、多分あってます。太宰治の引用のあたりが、ボルドー体なのだけは勘弁して欲しかったけど、後は全く文句無く楽しく読めました。
 はてさて、この本は一体何味だったんだろう、なんてちょっと考えて見たり。ヤッパリ、ちょっと苦いのだろうか。



拍手で上がったレベル:19回
コメント:
>学んだこと 悔しいけど感じちゃうこと。
 学んだこと:一度出しても元気だということ。

「おれはミサイル」っていつ出るんですかね!?
 MIXIに、秋山さん参加されてますから、直接きいてみては!?
 こっちが聞きたいデスヨ!! EGFは何時ですか! ミナミノミナミノだけでもいいから!
 ギギギギギ。人生の秋山分が不足しております。無くなると、夏休みにプールに飛び込みたい症候群にかかります。

合計上がったレベル:169回

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL